アパート マンション 借り方

アパート、マンションの借り方情報!

アパート・マンションの借り方はどうすれば?についての情報をお届け!

アパート・マンションは不動産屋さんや、賃貸情報サイトなどで申し込んで、指示通りにすればとりあえず借りられる!

という考えの人が多いのではないでしょうか。

また、学生の方など、初めて一人暮らしをするのでアパート、マンションはどうやって借りるの?

と不安な方も多いと思います。

アパート・マンションの借り方は、知らなくても何とかなりますが、知っておいて損は無いと思いますし、

知っている事で得する事があったり、無駄なお金を使わなくて済む事もあるかも。

 

と言う事で、アパート・マンションの借り方について徹底調査

アパート、マンションの借り方・探し方のコツ、ポイント、契約の流れなどを紹介。

初めての一人暮らしで不安!賢くアパート・マンションを借りたい!などの方の参考になればです。

アパート・マンションの探し方

アパート・マンションを借りる為に、まずは自分の希望に合った物件を探す必要があります。

折り込み広告、賃貸情報誌、インターネットの賃貸情報サイトなど情報源は色々ですね。

特に、インターネットの賃貸情報サイトは、部屋にいながら全国の物件を探す事ができて便利!

 

予算内でなんとなく便利な場所なら良いとも思えますが、

長い間住む場所になるのですから、妥協せずに自分の希望に合った部屋探しをしたい所です。

そこで、部屋探しの前に、まずは自分の希望を書きだしてみるのがお薦め

頭に浮かべながらお部屋を探すのも良いですが、具体的な希望を紙に書いてみた方が良いですよ。

希望条件を書きだしたら、今度は優先順位をつけると良いでしょう。

駅から近い、間取り、家賃、周辺環境、セキュリティなど自分が挙げた条件に順位をつけ、妥協できる条件、

妥協できない条件に分け、それを念頭に置いてお部屋探しすると良いと思います。

すべての条件が揃ったアパート、マンションを探す事は難しいとは思いますが、

できるだけ自分の希望に合った物件を見つけて、快適な生活を送りたいですよね!

 

アパート、マンションを借りて払う家賃の目安は、一般的に月収の30%と言われています。

収入が多い方は40%程度まで考えて良いかと思いますが、無理なく払える家賃としては月収の30%位になります。

また、アパート、マンションを借りる時に、最初に掛かる費用は家賃の6か月分が目安。

敷金2カ月、礼金2カ月、仲介手数料1カ月、前家賃1カ月。

他にも、引っ越し費用、家具・生活用品の購入などで何かとお金がかかります。

その辺も踏まえて、自分の希望に合ったアパート、マンション探しをしましょう!

 

不動産会社にも色々なタイプがあって迷ってしまうところですが、

初めてアパート、マンションを借りるという場合は、なるべく大手の不動産会社を選択した方が無難かもしれません。

個人経営の不動産会社の方が掘り出し物件が見つかるかもしれませんが、

初めての場合は、大手の方が応対や説明が丁寧なので安心できるかと思います。

 

アパート・マンションを借りる前の下見

アパート・マンションを借りる時に必ず行うのが下見。

できれば家族、友人などに付き添って貰って客観的な意見を聞くのが良いでしょう。

●立地、交通の利便、日当たり・騒音など周辺環境をチェック

●部屋の内部を間取り図を見流れチェック!ついでに家具を置く場所の採寸!

●コンセントの数、室内の日当たり、キッチン、浴室、壁や床の状態、収納スペースのチェック!

●女性の場合は特に、セキュリティ、周辺の治安のチェック!

●車を利用するのであれば、駐車場もチェック!

などを下見し、疑問があれば不動産会社の人に納得いくまで質問!

時間に余裕があれば、駅までの時間を自分で計ったり、夜にもう一度下見をするのもポイント。

 

疑問がある時は、その場で少しあつかましい位に質問すると良いでしょう。

住んでから問題が発生してがっかりするのは避けたいですよね。

あらかじめ、質問事項をリスト化しておくのも良いかもしれません。

賃貸

アパート・マンションを借りる手続きの流れ

アパート・マンションを借りる時の賃貸契約の流れは、

●申し込み

気に入った物件が見つかったら、不動産会社に入居申込書を提出。

その際、家賃1カ月分程度の申込金を支払う場合もあります。

申込金は、部屋を借りる意思がある事を証明するお金で、審査に通らなかったり、キャンセルの時には全額返金されます。

 

●入居審査

申し込めば誰でも入居できる訳ではなく、支払い能力、職業、保証人、人柄などの審査があります。

よほどの問題が無い限り審査は通ると思います。

 

●契約

入居審査に通ったら契約です。

不動産会社から重要事項の説明を受け契約書に署名、捺印すれば契約成立。

契約成立後にやっぱり止めるって事は基本的にできないので、きちんと契約書には目を通しましょう。

印鑑、印鑑証明、住民票、運転免許、保険証、連帯保証人の印鑑証明・住民票などが必要になりますが、

不動産会社から用意する物を前もって連絡してくれるので、言われた物を準備しておきましょう。

また、契約ど同時に契約金を支払う事になります。

 

●契約後

無事契約が成立したら、鍵を貰い入居の準備。

入居が可能になる日は不動産会社で指示してくれるので、その日付に合わせて転居準備をしましょう。

引越し業者の選定、電気・ガス・水道会社への連絡、家具や生活用品の準備などやる事はたくさんあります。

業者への連絡はギリギリにならないように気をつけ、余裕を持って引越しの準備を。

 

また、入居前に部屋の状態を記録しておくと良いそうです。

できれば、不動産会社や大家さんと一緒に床や壁の傷などを確認して記録しておけば、

退去時に余計な修繕費を払わずに済む事になります。

写真を撮っておくのも良いかもです。

 

などなど、アパート・マンションの借り方、探し方のコツ・ポイント、契約の流れなどについて紹介しました。

希望の条件に合ったアパート、マンションが見つかっての快適生活をお祈りしています!

 
引越し価格ガイド